一般社団法人 まちの遊民社
 
 
   
 
「セカンドライフ応援団」情報ちゃんねる  中高年世代におすすめ!富士地域の情報
賛助会員募集中
ブログ
※当ウェブサイトはリンクフリーです。
リンクしていただける方は、以下のリンクバナーを
ご自由にお使いください。
リンクバナー
 
 
一般社団法人 まちの遊民社 > > 事業内容 > > セカンドライフ相談室 > > 事業概要
セカンドライフ相談室はいきがいのあるセカンドライフ探しを応援します。
0545-88-9036
平成24年度セカンドライフ相談室運営事業 主管:富士市

相談室とは?イベントNPO・市民活動就労・起業協力事業所事業概要セカンドライフの顔
事業概要セカンドライフ相談室運営事業

■事業の目的
中高年世代が、これまで培ってきた知識・経験・技能などを活かし、地域社会の一員として社会参画を続けながら、生きがいのあるセカンドライフを過ごしていただく事を目的に、「セカンドライフ相談室」を開設・運営する。

【期待される効果】

①「セカンドライフ相談室」は、セカンドライフに向けての情報を提供し、シニア世代の新たなる社会参画の道筋を見つけてもらうものであり、地域コミュニティ再生にとって、また中高年世代が生きがいをもって生活するためにも、有効であると考える。

②NPO法人や市民活動団体を市民へ広報し、市民活動やボランティア等への参加促進を図ることにより、市民活動をより多くの皆さんに知ってもらうことができ、市民活動の活性化のためにも有効であると考える。

③さまざまな組織(市民活動団体・各支援組織・事業所)や支援者と連携しながらの事業展開を図ることにより、市民全体で取り組む事業として発展することができる。

■事業の内容
セカンドライフ相談室の開設と運営を中心に、生きがいあるセカンドライフを啓発するための事業として、以下の業務を行う。

@セカンドライフ相談室の開設と運営

1.電話による相談の受け付け
電話相談は、10時〜18時(土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)とし、各相談内容に応じた情報を提供、紹介する。相談は、中高年世代の社会参画についての情報を蓄積している相談員がこれにあたる。

2.面談による相談の受け付け
直接会っての面談相談は、相談者の希望する日時を伺い、土曜・日曜・祝日また夜の時間帯での対応も可能とする。相談会場としては、移動手段をもたない中高年者のために、最寄りの公共施設(市役所・市民活動センター・フィランセ・まちづくりセンター・ラホール富士・交流プラザ等)を利用し、相談員自身が出向き、相談に対応する。

3.同行による参加促進
相談者の要望があった場合、見学や体験に相談員が同行し、市民活動への参加がしやすくなるようにサポートする。

4. 相談に対応するための市民活動の情報収集
中高年世代の見学や短期体験可能なNPO法人・市民活動団体の登録拡大を図り、中高年層へ提供できる活動情報の充実を図る。

5.多様な相談に対応するための情報収集
中高年世代の多様な相談に対応するために、就労・起業支援組織(ハローワーク・シルバー人材センター・商工会議所・f-Biz等)や市民活動支援組織(市民活動センター・ボランティアセンター等)、及び他課(まちづくり課・介護保険課・農政課等)との連携を図る。また、セカンドライフ起業人等さまざまな形での社会参画を果たしている方々の情報も積極的に収集し、情報の充実を図る。

A生きがいあるセカンドライフの啓発活動

1.市内事業所との連携による啓発活動
市内事業所との連携による啓発活動として、富士市セカンドライフ促進ネットワークを組織し、会員事業所を通じ現役世代への情報提供や広報活動を展開する。
退職後のセカンドライフのデザインは現役世代からの情報収集や準備が大切であり、富士市大手事業所により構成される促進ネットワークは現役世代への啓発活動に有効であると考える。

2.セカンドライフ啓発イベントの開催
セカンドライフに向けてのデザイン作りを支援するための啓発イベントとして、活動紹介の情報展示や相談に応じる出張相談会を開催する。また各種イベント(富士の麓deおとなまつり・ふれあいフェスタ等)へも参加し活動紹介や出張相談を行う。

3.広報チラシによる広報活動
セカンドライフ相談室の紹介・市民活動団体及び支援組織情報等を広報するためのチラシを作成し、広報ふじと共に配布する(配布:全世帯)。また、公共施設・市民活動団体、富士市セカンドライフ促進ネットワーク(事業所・支援組織)等を通しての広報活動を行う。

4.広報ふじを活用しての広報活動
広報ふじにてシリーズ掲載されている「セカンドライフの顔」で、活き活きと社会参画している中高年世代の事例紹介を提案し、相談室の開設案内を掲載する。また、本事業の特集記事の掲載を広報ふじに提案する。

5.ウェブサイトによる情報発信
当法人ウェブサイト上に、本事業「セカンドライフ相談室」の紹介・市民活動情報・支援組織情報等を発信し随時更新する
【特別提案】中高年世代のためのセカンドライフ応援事業との連携による啓発活動
「中高年世代のためのセカンドライフ応援事業」はまちの遊民社の自主事業として取り組むものであり、「セカンドライフ相談室運営事業」との連携を図ることにより、セカンドライフ相談室を更に豊かに展開できると考える。

●「中高年世代のためのセカンドライフ応援事業」の内容
@セカンドライフ応援のための情報収集と提供
中高年世代へ提供できる活動情報の充実を図るために、情報誌「セカンドライフおすすめガイド」の発行及び情報ブログ「セカンドライフ情報ちゃんねる」の発信を通しての情報提供を積極的に行う。

A啓発イベント「富士の麓deおとなまつり」の開催
中高年世代のセカンドライフデザインの作り方をより具体的に提案するために「富士の麓deおとなまつり」の啓発イベントを企画開催する。

 
 
このページの先頭へ
 
一般社団法人 まちの遊民社
トップページ 団体概要 事業概要 会員募集 リンク ブログ お問い合わせ

map 〒416-0951富士市米之宮町3番地パルクドミーユ102 TEL:0545-88-9036 FAX:0545-88-9037
Copyright (C) 2010 Machi no Yuminsha All Rights Reserved
ホームページ制作ならパッショーネ企画.